マンションというのは複層階になっていますので、道路に面していない2階以上の部屋は、窓を開けっ放しにしている方が、意外と多かったりします。しかし、不審者というのは2階だろうと、4階だろうと関係ありません。狙いを定めたら、さまざまな手段で犯行を実行します。

ですから、窓がしっかりと閉めていても、ガラスを破られて侵入されることもあります。ガラス破りの手口というのは、大きく分けると2種類あります。1つ目は、ドライバーなどの鋭利なものでガラスにヒビを入れ、音を出さないように破壊するこじ破り、2つ目は、ガラスが割れる音は気にせずに、破壊する打ち破りです。割れた部分より手を差し込み、クレセントを回して窓を開け、室内へ侵入してくるのです。

これらを防ぐための侵入対策としては、ガラス自体が破られにくい製品を選ぶことや、補助キーを取り付けること、1階住戸や隣の建物と隣接している場合は面格子を付けることといった方法があります。この3つを行うだけで、空き巣の被害は低減することが出来ると思われます。ちなみに、侵入するのに5分以上かかる部屋である場合、泥棒は諦めることが多いと言われているようです。

しかし、防犯対策にこれだけしておけば十分という事はありません。ですから、これでもか?というくらい防犯対策を行うことをおすすめします。1番の基本は、やはり出入り口です。玄関と窓の防犯対策は、必ずしっかりと行うようにしましょう。犯行に遭ってからでは遅いと言う事を、忘れないようにして下さい。

防犯


透析 リハビリ
透析のリハビリなら五反田ガーデンクリニック!

金持ち父さん貧乏父さん
http://richidad-office.com/