賃貸マンションなび TOP → 賃貸マンションの準備 引っ越しをするのに

引っ越しをするのに

引っ越し先が決まったら、いろいろな手続きが必要となりますが、まずは、行政の手続きから行って下さい。行政への手続きは、引っ越しの2週間ほど前からはじめるようにしましょう。引越しの際に必要になってくる手続きには、次のようなものがあります。

住所変更
住所変更に必要なものは印鑑と印鑑登録書、加入しているなら国民年金手帳と国民健康保険被保険者証になります。これを持って、市区町村役場に行きます。次に引っ越ししてから14日以内に新しい住所を、引越し先にある市区町村役場に提出します。前の市区町村役場で発行してもらった転出証明書と印鑑、加入しているなら国民年金手帳と国民健康保険被保険者証、公立の小学校か中学校に生徒として子供がいるならば、その学校などの在学証明書も必要になってきます。

転出入届け
引越しが決まれば、転出する市区町村役場へ行って転出証明書を交付してもらいます。その後、転入先の市区町村役場に証明書を提出すると転入手続きが完了します。これらは、転出後14日以内にまでに行い、届出事項の記載、届出人の住所・氏名の記載、届出人の本人確認書類の写し、返信用封筒が必要になります。

国民健康保険
国民健康保険は、居住している市区町村が保険者になりますので、引越しで他の市区町村に移る時は、保険証を返納し、転居先で新たに交付手続きを行う必要があります。

電気・ガス会社・水道局への届出
公共料金への届出は、引越しの1週間前には行っておくようにしましょう。領収書や検針票に記載されている営業所に電話で直接連絡するか、ネットからでも必要な手続きを行うことが出来ます。立会いをする必要はありません。

引越しする際には、以上のような手続きが必要となりますが、他にも、運転免許書の住所欄の変更などもありますので、ご確認下さい。

賃貸マンションの準備


アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com

ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!