賃貸マンションなび TOP → 荷造り 本・食器

本・食器

本は箱に入れないで、大きさを揃えて紐で縛ってゆきます。この時に、本棚の幅に合わせておくと、戻す時に楽になると思われます。

次は、食器になります。引越しに伴う、食器の荷造りのコツは、新聞紙でくるむことです。食器類を箱に入れる時などは、箱の底に新聞紙を敷いて、クッションを作ってから食器を入れるようにしましょう。

綺麗に敷く必要はありませんので、なるべく適当に紙をくしゃくしゃにしながら底に敷くようにしましょう。そうすると後で、入れる食器の衝撃吸収性が格段に増します。食器は1つずつ新聞紙で包んだら、重い物から順に入れていき、隙間が出来ないように詰めていって下さい。ちなみに、皿は立てて入れていくようにします。全て詰め終わったら隙間の部分に、新聞紙をつめ、段ボールの中で食器が触れ合ったり、動いたりして割れないようにしましょう。

ナイフや包丁など刃があるものなどは、刃の部分を厚紙で包んで、布製のガムテープで巻いてゆきましょう。箸、フォーク、スプーンは、それぞれビニール袋に入れて、袋ごと新聞紙で包んで紐で縛って下さい。

特に割れやすい物は、新聞紙を2重、3重に包むようにすると、運送の際の揺れなどで割れることを防ぐことが出来ます。ただ、このように、割れにくいように工夫しても、引っ越し業者が雑に扱うと割れてしまう可能性がありますので、事前に「箱の中には壊れやすいものが入っている。」と伝えておくことをおすすめします。

荷造り


ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html