賃貸マンションなび TOP → 荷造り 洋服・家具

洋服・家具

衣類の荷造りには、2種類あります。1つ目は、ハンガーに掛けてある衣服の荷造り、2つ目は、引き出しに畳んである洋服の荷造りです。

ハンガーに掛けてある衣服の荷造りは、そのまま箱に入れてしまうとシワになってしまうので、ハンガーごとふんわり詰めてゆきましょう。ハンガーボックスと言われるものを利用すると、畳む必要が無いので、シワになることなく洋服をそのまま運ぶことが出来ます。また、引っ越した先でもハンガーのまま架け替えることが出来るので、とても便利です。

次に畳んである洋服の荷造りですが、畳んである洋服は、そのままダンボールに重ねて入れるようにしましょう。衣類はあまり重たくありませんので、たくさんつめても問題ありませんが、あまりにも重いと感じた場合は、わけてつめるようにして下さい。なるべく引き出しごとに箱詰めすると、後々、とても楽になります。しかし、シワになることがありますので、シワがついて欲しくない洋服は、別のダンボールにつめるようにすることをおすすめします。また、すぐに使わない季節物の洋服の場合は、ダンボール箱に防虫剤を入れておいた方が良いと思われます。

ちなみに、靴などは、靴箱があるなら、それに入れてゆきましょう。もし、ない場合は、食器用のしわしわの紙でくるむと良いでしょう。底面を合わせて、そのまま浅い箱へ隙間がないようにいれてゆきましょう。

家具は、運び出す時に傷がつかないように、段ボールを巻きつけるなどして、表面などの部分を保護してゆきます。また、家具の中に、荷物が入っていると中の物がめちゃくちゃになってしまい壊れてしまったり、重くなってしまったりして、運ぶのに苦労してしまいますので、注意しましょう。

荷造り


ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!