賃貸マンションなび TOP → 荷造り 家電製品

家電製品

家電製品の荷造りの場合は、種類によって変わってきます。

洗濯機は、コンセントとアースを外しておき、ガムテープで洗濯機に貼り付けておくようにしましょう。ホースの中の水を抜いておいても良いのですが、その作業は基本的に引っ越し業者が行ってくれます。ただし、オプションになっていない場合は、自分で行う必要がありますので注意して下さい。取り外した、もしくは、取り外してもらったホースは、丸めて洗濯機の中に入れておくようにしましょう。そうすると紛失する可能性がなくなります。

冷蔵庫は、注意事項を守らないと壊れる場合がありますので注意が必要です。引っ越しする数日前から中に入っている食品を片付けて、冷蔵庫の中を空にして下さい。そして、引越しの1日前には完全に空にして、寝る前にコンセントを抜くようにして下さい。その際、冷蔵庫内の霜も取っておいて下さい。運ぶ当日には、下にある受け皿の水を捨てておきましょう。冷蔵庫から出して食品を運ぶ時は、臭いが移らないように、他のものと同じ袋や箱に入れないようにしましょう。

テレビなどは、振動に弱いので、毛布に包むなどして運びましょう。引越し業者が、ケーブルを取り外してくれることが多いようですが、ケーブルを引っ越し先で接続してくれるとは限りませんので、接続されていたケーブルを抜く前に、接続されていた端子とプラグに荷札を付けて、番号をつけておくようにすると、引っ越し先で接続しやすくなります。

パソコンも、振動に弱く、データが飛ぶということもあるので、パソコンだけ宅配便で運ぶか、買った時の箱などで運びましょう。

上記の中の洗濯機と冷蔵庫は、事前に水抜きしておかないと、当日運んでいる時に水こぼれが起きて、他の荷物が濡れてしまう恐れがありますので、注意が必要です。また、冷蔵庫は新居についても、最低30分は電源を入れないようにしましょう。そうしないと冷蔵庫内のフロンが漏れて故障の原因になります。

荷造り


マーロックス
マーロックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスターを印刷する
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/