賃貸マンションなび TOP → 賃貸マンション用語 賃貸マンション用語・わ、英数字

賃貸マンション用語・わ、英数字

・ワイドスパン
 ⇒部屋の南面の間を広くとること。通常、柱と柱の間の長さは2〜4メートルであることが多いが、それを7〜8メートル以上とること。部屋の間を広くとることによって、高い通気性や採光性を実現しており、開放感と広がりのある部屋づくりを行うことが出来る。

・ワンルーム
 ⇒1部屋の間取りで、キッチンと居室が一続きになっていて、間仕切りのない部屋のこと。一人暮らし向けのマンションに多い。近年ワンルーム入居者のマナーが悪いと言う点から、ワンルームマンション建築反対運動が起こったりしており、一部の地域では、ワンルームマンションの建設が難しくなっているようです。

・ワンルーム税
 ⇒ワンルームマンションの建設抑止を目的とした法定外税のこと。正式名称は狭小住戸集合住宅税と言います。

・ALC
 ⇒細かな気泡が含まれている軽量コンクリートのこと。断熱性と耐火に優れています。正式名称はAutoclaved Light-weight Concreteです。

・CL
 ⇒洋服を収納する扉付きのスペースのこと。正式名称はクローゼット(Closet) です。

・CP-C認定錠
 ⇒財団法人全国防犯協会連合会が推奨している鍵で、ピッキングなどに対して有効で、防犯性能が高い鍵のことを言います。正式名称はCrime Prevention Cylinderです。

・IH調理器
 ⇒電気誘導で加熱して調理する調理器。メリットは、安全で火力に優れていることや、火を出すわけではないので、CO2の排出量がガスコンロよりも少なくなることが挙げられます。デメリットは、使える調理器具が少ないことや、電磁波を使用しているので、体に何かしらの影響があるかもしれないことが挙げられます。ちなみに、IHの正式名称はInduction Heaterです。

賃貸マンション用語


アピドラ 副作用
アピドラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!