名古屋の外壁塗装 「塗り替え工事における養生の重要性」

外壁塗り替え工事の工程のひとつで、塗料を塗らない部分を保護するための作業を「養生」と言います。ここでは、名古屋で外壁塗装をお考えの皆様へ、塗り替え工事における養生の重要性についてお伝えします。

名古屋の外壁塗装 「塗り替え工事における養生の重要性」

外壁塗装 名古屋

外壁の塗り替え工事における「養生」の重要性とは

養生の目的は、大きく分けて2つあります。1つ目は、「塗装を必要としない部分を保護するため」です。外壁塗装の塗り替え工事では、作業をする過程で塗料が飛び散ってしまう、塗料が垂れてしまう、といった事があります。塗装をする前に建物や塗装が不要な部分をしっかり養生して保護できれば、塗料の汚れや高圧洗浄作業における汚れの飛び散りから建物を守ることができます。
2つ目の目的は、「塗装の境界部を美しく仕上げるため」です。建物や庭、ガレージ、車、自転車などの塗装が不要な部分は養生シートで覆い保護しますが、外壁と窓枠との境界部といった細かい部分は、養生テープを使ってしっかり養生を行います。養生テープが曲がっていると、塗装作業中にずれてしまい塗装が不要な部分に塗料がはみ出る恐れがあります。また、養生テープの貼りつけが雑だと、塗料が完全に乾いた後に養生テープを剥がす時に境界部がガタガタになってきれいな仕上がりにならない事があります。

養生の具体的な作業内容について

外壁塗装では外壁の塗り替えだけではなく、屋根や、雨樋、軒天、庇などの付帯部分も必要に応じて塗装をします。塗装前には高圧洗浄や下地の修繕作業などを行うため、洗浄水や汚れの飛散防止の為にも養生は絶対に欠かせない作業になります。
現場に足場を組み立てる時に足場の前面に飛散防止用のメッシュシートと呼ばれるネットを張り、汚れや洗浄水、塗料の飛び散りを防止します。メッシュシートはメッシュ状になっているので、建物全体を覆っても通気性がキープ出来るため塗料の臭いが充満しにくいといったメリットがあります。ただし、吹き付け工による塗り替え工事では塗料がメッシュを通過しやすくなるので、その時はブルーシートを使って養生を行う場合もあります。
塗装する部分と塗装しない部分の境界線をきれいに分けるために、マスキングテープをしっかり塗面に密着させて養生をします。ビニールシートとマスキングテープが一体になったマスカーは、建物の形状に合わせてビニールの長さを調整します。

養生をしている間は窓の開け閉めができないといった制限はありますが、建物の保護や塗装の仕上がりを大きく左右するものなので絶対に欠かせない工程です。塗料の飛び散りはご近所とのトラブルに発展しやすい部分でもあるので、名古屋で塗装業者を選ぶ際は、養生をしっかり行ってくれる業者か?をしっかり確認する事が大切です。

名古屋の外壁塗装の主なスケジュールについて

外壁塗装 名古屋

名古屋周辺で外壁塗装や屋根塗装を検討している方向けに、外壁塗装工事の主なスケジュールについてご説明させて頂きます。

名古屋の外壁塗装にかかる施工期間ですが、一般的な広さとされる30坪前後の2階建て住宅の場合、外壁塗装工事にかかる施工期間は屋根塗装の作業を含めて「10日~14日前後」です。目安となる施工期間には、日曜日や休日は含まれていませんのでご注意下さい。

外壁の塗り替え工事を始める前に行う作業として、まず「近隣への挨拶」と「外壁塗装前の準備」があります。施工期間中は塗料の臭いや騒音などが原因でトラブルが起こらないように、事前に挨拶回りをして、施工期間や施工内容についてご説明をします。外壁塗装前の準備では、足場の仮設を行います。

外壁塗装前の準備が完了した後に行う作業が、「高圧洗浄」と「下地補修」です。塗り替え作業に先立ち、まずは外壁や屋根の古くなった塗膜面に付着した汚れを洗い落とします。きれいに汚れを落とすと、下地の状態を確認できます。クラックやシーリング材の欠損などがある場合は、状態に応じて下地を補修します。
下地補修が済んだら、「屋根の塗り替え工事」を行います。既存の屋根材に合わせて縁切りをして、下塗り塗料と中塗り塗料を塗ります。

次に、建物全体を塗装する部分と塗装しない部分に分けて、「養生」を行います。付帯部分まで細かく養生したら、外壁以外の軒や破風はふなどを塗装します。軒や破風などの塗装が済んだら、もう一度養生をして、「外壁の下塗り」をします。下塗り塗料が乾くまでの間に、屋根塗装の仕上げとなる「屋根の上塗り」を行います。
外壁と屋根はどちらも3回塗りが基本です。外壁の下塗りが完全に乾燥したことを確認した上で、外壁に「中塗り」と「上塗り」をします。中塗り塗料と上塗り塗料は、下塗り塗料同様、乾燥時間をきちんと守り、しっかり乾燥した上で行います。

外壁の塗装作業が完了したら、養生を一旦撤去して清掃を行います。建物の周りを清掃した上で、もう1度養生を行い、竪樋や雨戸、シャッターボックスなどの付帯部分をきれいに塗装します。
ここまでの塗装作業が全て終わったら、「養生を撤去」します。塗装の仕上がりをチェックして、必要であればこの時点で手直しを加えます。最終確認と手直しが終わったら、足場を解体し、片付けと清掃をしたら完成となります。

当店の塗り替え工事のスケジュールをざっと紹介してきましたが、天候不良や建物の状況により施工期間が延びる可能性もありますので、名古屋周辺で外壁塗装や屋根塗装をする際は、施工工期は多少余裕を見ておくと安心です。

名古屋の外壁塗装工事の事なら小林塗装にお任せ下さい

外壁塗装 名古屋

名古屋にお住まいの皆様、外壁塗装工事の事ならこちらの業者に是非お任せ下さい!

豊富な施工経験と専門知識に基づき、見積を作成します!

外壁塗装の工事内容や施工価格は、建物の状態や使用する塗料や外壁材、立地条件、周辺環境、建物の築年数、建物の形状、施工方法などにより大きく変わります。同じ名古屋のお住まいでも、複雑な要素が多い塗装工事では見積価格や施工内容が異なります。
当店ではお客様お一人おひとりにご満足いただける様、建物の状態をしっかり見極めた上で、名古屋における豊富な施工経験と専門知識に基づき、外壁塗装工事の見積りを作成します。

具体的な外壁塗装工事プランをご提案します!

「外壁に気になるヒビがある」、「外壁だけでなく、屋根の塗装色にもこだわりたい」、「できるだけ安く塗装をしたい」、「汚れが目立たない塗料を使いたい」など、お客様のご希望やご要望をたくさんお聞かせ下さい。
当店では、見積り前にお客様のお話をじっくりお聞きし、現場の状況と照らし合わせた上で具体的な外壁塗装プランを数種類ご提案させて頂きます。
過剰なセールストークや一方的にプランを押し付けることは致しません。名古屋のお客様に本当に安心してご満足頂けるご提案を行う事をいつも心掛けています。
外壁塗装はもちろん、屋根塗装、塗装工事の調査や見積費用は無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

施工内容を分かりやすくご説明致します!

外壁の塗り替え工事が初めての方が殆どかと思いますので、当店では全てのお客様が施工内容をイメージしやすくなる様、丁寧に説明する事を心掛けております。施工前に分からない事や不明な点などがあれば何でもご相談頂けますし、着工後も現場を熟知した経験豊富な塗装職人がおりますので、気になることがあればいつでもご相談下さい。

ベテランの塗装職人中心のチームが『直接施工』します!

塗装工事の専門店は、塗装職人による『直接施工』にこだわり、真心を込めて塗装をさせて頂いております。外壁の塗り替え工事は、全ての工程に意味があり、どれ一つとして怠ることは出来ません。
当店は、名古屋のお住まいをはじめ、愛知県内を中心に多くの現場を調査し、塗装工事を施工してきた経験と的確な目利きを要する職人が在籍しております。
ベテランの塗装職人を中心としたチームが、高圧洗浄から塗装面の下地処理、外壁の下塗り、仕上げ塗装まで丁寧な作業で一つひとつ確実に施工します。塗装専門店だからこそ可能な『高品質な塗装工事』を行う事はもちろん、お客様に安心してご依頼頂ける様、『どこよりもお値打ちな、施工価格』をご提案致します。

名古屋の外壁塗装は『直接施工』の業者にお任せ下さい!

外壁塗装 名古屋

『直接施工』の小林塗装のこだわりとして、塗装作業を始める前の大切な作業である「足場仮設工事」・「高圧洗浄作業」・「下地調整作業」・「下地補修作業」の4つの工程について詳しくご紹介させて頂きます。

一つ目は、『足場仮設工事へのこだわり』です。外壁塗装や屋根塗装は高所での作業が多くなる為、建物の形状や立地条件などに合わせて足場を組み立て設置します。
足場仮設工事は、足場部材を搬入したり、組み立てたりする際に大きな騒音が発生する為、作業前には必ず塗装工事を行う事も含めてご近所へのあいさつを行ってから作業を始めます。周囲の安全確保を行いながら足場を組み立てて行きます。
足場は塗装職人の安全確保や高品質な塗装工事を行う為にも重要な作業です。専門の鳶職人さんが手際良く、丁寧に足場を組み、養生シートを取り付けたら足場仮設工事の完成です。

二つ目は、『高圧洗浄作業へのこだわり』です。高圧洗浄作業でしっかり外壁や屋根に付いた汚れを洗い流す事で、塗装に適した素地になります。当店は、先に大まかな清掃を行ってから木部や鉄部のケレン作業を行い、養生を行ってから高圧洗浄をします。
当店の高圧洗浄は、2台の高圧洗浄機を使用するのが特徴です。長い年月をかけて蓄積した汚れを丁寧に洗い流し、サッシ部分などに付いた汚れなどもきれいに拭き取ります。高圧洗浄により素地がきれいになったら、しっかり乾燥させておきます。

三つ目は、『下地調整作業へのこだわり』です。素地が完全に乾燥したら、雨戸や水切り板、鉄部分などを丁寧にケレンします。素地の状態に合わせて使用する道具を選び、破風や雨戸、雨樋、化粧胴差しなどのケレンを行います。
下地処理の作業は外壁塗装の工程の中で最も時間や手間のかかる作業ですが、素地に合わせて適切なケレン作業を行うことで塗料の密着性が向上する為、とても重要な作業の一つです。

最後は、『下地補修作業へのこだわり』です。素地の調整作業が完了したら、次に外壁の劣化状況に応じて下地の補修作業を行います。下地補修の作業では、劣化したシーリング材を完全に撤去する事から始まります。サイディング材の目地やサッシ周りなどの劣化したシーリング材を全て撤去したら、シーリング用のマスキングテープをきれいに貼り付けて、目地の側面にプライマーを塗布します。シーリング材を目地に充填したら、ヘラを使い均等になるように伸ばしてマスキングテープを剥がしたら完成です。
下地補修作業では、シーリング材の他、ヒビ割れ(クラック)の状態に合わせてクラック補修を行います。下地補修の良し悪しが、塗装の仕上がりに大きく影響する為、高度な下地補修技術と専門的な知識が必要となります。